手汗が出る理由

人と手汗の歴史

日々の生活の中で、贅沢に暮らしてきている私達日本人。
実はどんどん人間本来の機能が失われているようです。進化論ではないですが、暮らしの中で人間としての機能は変化していくようです。

 

例えて言えば、空調設備の整ったところでばかり生活していたら、自然と汗が出にくくなってしまう。、結果として汗腺の機能が低下していくんです。ちょっと怖いですね。

 

他にも、病院に入院して寝ていると、起きて歩くの大変になりますね。若い人は回復は早いですが、お年寄りになると歩けなくなってしまうこともあるわけです。

 

もともと自然の中で生きてきて人間が、その自然の中で生きていく機能が失われていくってことですね。

 

そういうことを避けるために知っておかないといけないなってことをチョット書きます。

 

人間の体の機能が最適な状態で働くための体温は、37度弱といわれています。
人間は一定の体温を保つ機能を体に備えた恒温動物です。

 

この人間が一定の体温を保つ理由を見ていきたいと思います。

 

人間は生きるエネルギーを食べ物から得ています。食べないと生きていけないわけですね。口から入った食べ物は、胃や腸で消化吸収され糖質やアミノ酸などのになって合成したり分解してそのエネルギーを得ているわけです。

 

同時に細胞レベルでは、いろいろな酵素によって化学反応や代謝が活発にされています。こうした酵素の活動がスムーズにいくためには、体温が重要なポイントになります。

 

酵素の化学反応の速度が常に安定している状態を作るための環境がおよそ37度という体温になります。

 

では、その体温化がもし10度上がって47度になったらどうなるでしょうか。
細胞レベルでの代謝の速さがなんと37度の時の2倍の速さになってしまいます。するとより多くの熱が生産され、さらに体温が上昇します。そしてさらに代謝速度が上がるということになります。これはあくまで理論上のことで、そんな体温では人間は死んでしまいます。

 

人間は体温が45度前後で、体内のたんぱく質が変性して破壊され、死を招くことになります。

 

今度は下がるとどうなるのか?
体温が下がれば逆に代謝速度は下がり、熱の生産が損なわれていきます。体温が4度下がった33度くらいで、意識が失われます。20度以下ですべての臓器が生理的な働きを停止します。

 

いかがでしょうか?

 

人間が汗の管理によって生きている仕組み。
汗って大事なんですね。

 

人類の歴史、それは長い長い道のりです。その長い年月をかけて、人間の脳は大きく進化を遂げてきました。人間の脳は、人間の体の中で、一番代謝の活発なところです。体温の変化の影響を敏感に受けてしまう器官です。
ですから、37度という一定の温度に管理することが重要なのです。

 

ですから、人間本来の汗をかく機能とともに、あつすぎる夏を乗り切る工夫が大事で、
帽子をかぶったり、水を飲んで汗をかく。冷やす。水を浴びる。などなどです。

 

まず知っておきたいですね。汗の大切さを。

 

では、なぜ手汗っかくかということですが、
人間の祖先はおさるさん。

 

木の上で生活していたわけです。
そこで大事だったことは、木から落ちないこと。
落ちたら死んじゃいますね。
正に命がけ。命を守る機能として、手汗が発達したんですね。

 

手汗が出ることで、木を掴んでも滑らない。
すべり止め効果なんです。

 

これは、緊張している時、つまり機能絵を移動しているときは緊張していて、
それで手に汗をかく。今も緊張すると汗かきますね。

 

なんだ、昔も今も変わらないですね。チョット安心。
ようは、昔の木の上の生活の名残がそのまま残っているということなんです。

 

手汗の歴史を知ることで、手汗って人間本来の機能であって、
私は変だとかじゃないんです。

 

これだけでもチョット安心しませんか?

 

そんなことを知った上で、文明の利器であるファリネを使えば、
手汗を止めていられる時間を作れます。
その安心感が、さらに手汗を止める。

 

要は気持ちが緊張することを減らしてあげるわけですね。
手汗を書くのは人間本来の機能で、緊張している時。

 

手汗を減らすためには、緊張するときや緊張の量といいますか、レベルを下げてあげる要素を多くしていければいいということになります。
自分なりに工夫することで、手汗は減らせると思います。

 

更新履歴